毎月彩雲堂の日はポイント5倍 手提げ袋 悪質サイトのお知らせ
彩雲堂 ロゴ
お歳暮早割 お歳暮早割

携帯3社の新料金プラン(NTTドコモ「ahamo」、au「povo」、SoftBank「LINEMO」)に乗り換え予定・または乗り換えられたお客様へ
登録メールアドレスの変更をお願いいたします。  詳しくはこちら>>

朝汐

朝汐(あさしお)

朝汐熟練の職人技で作る饅頭
淡泊ながら上品な味わい抹茶や煎茶によく合います朝汐

菓子処・松江を代表する饅頭です。
「薯蕷芋(つくね芋)」をすりおろした生地で、ほんのり塩味の「皮むき小豆餡」を包み、蒸し上げます。
この皮むき小豆餡のことを、松江では「朝汐餡」と呼んでいます。淡泊ながら上品な味わいが特徴で、抹茶や煎茶にもよく合います。

【薯蕷饅頭について】
饅頭の皮は小麦粉を用いる場合と、米粉(上用粉)を用いる場合があります。
小麦粉を使用する場合の膨張剤は、イスパタ、重曹、アンモニアが使われるので、「薬饅頭」とも呼ばれます。
米粉(上用粉)の膨張剤は、山芋、つくね芋、大和芋が使われ、「薯蕷饅頭(上用饅頭)」と呼ばれます。薯蕷饅頭は上生菓子に属し、薬饅頭よりも高級とされています。古くから祝い事や法事などに用いられ、生活と密着した和菓子のひとつです。
薯蕷饅頭は生地作りがとても難しく、芋の状態や気温・湿度によって、米粉と芋を混ぜ合わせる力やタイミングを調整しなければなりません。
まさに熟練の職人技と言えるでしょう。

3商品